教育キーワード集
前のページへ戻る
10年経験者研修
平成15年度より実施されている,教職経験が10年を経過した国公立学校教員を対象とする研修。
研修に先がけ,まず各受講予定者の評価が行われ,評価結果を踏まえ,個々の教員の能力・適性にあった研修計画が立てられる。具体的には,都道府県教育委員会が作成した評価基準に基づき,校長が受講者の能力・適正等について評価を行った後,市町村教育委員会が最終的に評価を決定し,受講者ごとに受講すべき講座を記載した研修計画書を作成する。
研修内容は長期休業期間中に教育センター等で行われる模擬授業・教材研究・ケーススタディー等と,課業期間中に主として学校内で行われる研究授業,教材研究等。
講師は長期休業期間中の研修ではベテラン教員や指導主事等で,課業期間中の研修では校長,教頭,教務主任等。日数はそれぞれ20日程度。
5号(2005年8月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について