教育キーワード集
前のページへ戻る
系統主義
系統主義とは、一般的には経験主義に対する概念として、知識・理解や技能の「系統」を重視する教育の立場を意味する。すなわち、学校で教える教育内容は、科学や学問の成果であるべきだとし、それらを段階を追って系統的に指導するという考え方である。
これに対して、経験主義の立場は、生活科や総合的な学習時間において、児童・生徒の発想を生かしながら、課題に対して体験的な学習を展開して、必要な事項を身に付けさせようとする考え方である。この経験主義は、あたかも系統主義と対立した関係にあるかのようだが、方法論の違いであり、両者が一体となって教育の成果を上げていくという考え方が一般的である。
17号(2007年9月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について