教育キーワード集
前のページへ戻る
令和の日本型学校教育
「令和の日本型学校教育」は,令和3年1月26日付の中教審答申「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して」によって提示された教育政策の指針である。<br>答申の総論では,今後は劇的に変化する予測困難な時代だと捉え,2020年代を通じて実現すべき「令和の日本型学校教育」の姿として,「個別最適な学び」と「協働的な学び」の実現を挙げている。<br>また各論では,全ての子供たちの可能性を引き出す「個別最適な学び」と「協働的な学び」の実現のための改革の方向性として,@学校教育の質と多様性,包摂性を高め,教育の機会均等を実現する,A連携・分担による学校マネジメントを実現する,Bこれまでの実践とICTとの最適な組合せを実現する,C履修主義・修得主義等を適切に組み合わせる,D感染症や災害の発生等を乗り越えて学びを保障する,E社会構造の変化の中で,持続的で魅力ある学校教育を実現する,の6項目を挙げている。
99号(2021年5月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について