教育キーワード集
前のページへ戻る
インクルーシブ教育
インクルーシブ教育とは,障害のある子どもを含むすべての子どもに対して,個々の教育的ニーズに合った適切な教育的支援を,通常の学級において行う教育という意味である。
現在,文科省はインクルーシブ教育システム構築事業に取り組んでいる。それには,障害者が積極的に参加・貢献できる社会,すなわち共生社会の実現は,様々な人が生き生きと活躍できる社会の実現であり,国民全体にとって極めて重要で有益であるとの判断に基づいている。同時に,これは「全ての国民に,その能力に応じた教育を受ける機会が与
えられなければならない」,「障害のある子どもには,自立や社会参加に向け,一人一人の障害の状態や教育的ニーズに応じた指導や支援(特別支援教育)が必要である」という,日本国憲法や教育基本法の趣旨に基いた教育であるといえる。
78号(2017年11月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について