教育キーワード集
前のページへ戻る
あらゆる弊害
スマホの弊害は複雑多岐にわたっており,いまやこの取り扱いに悩まない学校はない。まず,教師にとっていちばんの問題は,生徒のメールやネットへの書き込み,無料通話アプリなどでのやりとりが原因でいじめなどに発展し,生徒の人間関係の崩壊につながることにあるという。また,安易な情報発信や不正アプリによってプライバシーが流出し,ゲームや音楽ダウンロードによる金銭トラブルが生ずることも頭が痛い問題である。さらに,有害サイトへのアクセスやネットで知り合った人とのトラブルも見逃すことができない。その防止策に決め手がないだけに生徒指導上の深刻な問題となっている。
そのほか,最近ではパソコンやスマホのディスプレイから発せられるブルーライトの有害性,歩きスマホによる危険性,記憶力の低下やけんしょう炎の発症,指の変形などの健康や安全に関する種々の弊害が指摘されるようになっている。
71号(2016年9月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について