教育キーワード集
前のページへ戻る
教育格差
一般的には,教育のさまざまな状態にみられる地域間や階層,集団間の格差をいう。これらは例えば,@高等学校や大学への進学状況,A幼稚園就園率,B教育費,C学力,D学校数,教師数,E社会教育施設の普及率などの指標で知ることができる。また,教育界では一般的に地域間格差と階層間格差の2つが特に話題になることが多い。
地域間格差では,都道府県や市町村などの行政区域間で取り上げる場合と,都市地域と住宅地域や農村地域,また,過疎地域と過密地域,あるいは商業地域と住宅地域などに区分して統計されることが多い。また,階層間格差では,性別,親の所得,親の職業,親の学歴水準などによって教育格差の偏向性がよく取り上げられる。特に,近年の学力調査の結果は,地域間や階層間においてもさまざまに分析され,あれこれと格差論議とその対応策が話題となっている。
20号(2008年3月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について