教育キーワード集
前のページへ戻る
キャリア教育-1
キャリア教育とは,もともと自分自身の専門的な資質・能力を磨いていくために受ける教育という意味であり,一般企業における研修などで定着してきた。現職あるいは退職後も,講座・セミナーなどを受講して知識・技能のリフレッシュを図ったり,社会人大学院や夜間大学院などで再び学んだりして,さらなる職能・資質の向上を目指して行われてきた。
このように生涯学習の一環として考えられてきたキャリア教育は,学校教育における学習や進路指導などとの関連で重要な教育課題の一つとしてとらえ直され,さまざまな実践が展開されるようになった。児童生徒が望ましい職業観,勤労観を身に付け,これに基づいて実のある教育が実現されるよう,職場体験活動や民間人の学校教育への導入が図られるようになっている。
21号(2008年5月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について