教育キーワード集
前のページへ戻る
市民性教育
市民性教育(CitizenshipEducation)とは,社会生活や法律,民主主義などについて市民性を養う観点から行われる教育のことである。わが国では,お茶の水女子大附属小学校が2001年に立ち上げた「市民」や,東京・品川区が2006年からスタートさせた「市民科」がある。しかし,全国では教科としての位置付けはなく,その内容は社会科などの一部に関連して指導されているのが現状である。
一方,ヨーロッパでは欧州統合の進展と移民の増大などの問題に対応しつつ,平和で民主的な社会を維持・発展させるために,欧州評議会の民主的市民性教育(EducationforDemocraticCitizenship,EDC)というプログラムが行われている。わが国でも,現在検討中の「特別な教科道徳」の枠の中で,知識だけでなく行動を通して,それらを育む実践的教育活動が話題として取り上げられている。
58号(2014年7月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について