教育キーワード集
前のページへ戻る
学校図書館図書整備5か年計画
これまでの学校図書館図書整備5か年計画は平成18年度で終わり,平成19年度から平成23年度までの新たな計画がスタートした。この計画は,もともと平成5年に策定された「学校図書館図書標準」によって貧弱な学校図書館の蔵書冊数の目安を定め,順次にその充実を図ろうとするもので,今回はこの3回目の計画で,1年に200億円ずつ,総計1,000億円の予算が計上されている。
一方,この予算は国から地方交付税として地方へ配分されるため,地方の財政事情やその他の判断によって,必ずしも全額が措置されないことがよく話題となる。特に近年では,子どもたちの読書力,言語能力の育成,あるいは調べ学習の重要性が指摘されているが,そのためにも,これらの予算が適正に配置,執行されることが極めて大切である。
22号(2008年7月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について