教育キーワード集
前のページへ戻る
脳科学と教育-1
近年,磁力を使った装置等により,脳がはたらく様子を観察することが可能となり,脳科学が飛躍的な発展を遂げている。
東北大学教授の川嶋隆太氏が音読が脳を活性化することを立証し,多数の学校が音読の位置づけを新たにするなど,教育界も脳科学の成果を注視している。
ことばの習得や社会性等の発達と脳の発達との関係や,脳の発達を促す学習方法等,脳科学の発展は教育に深く関わっている。
文部科学省は「脳科学と教育」を重要な研究分野として位置づけ,省内に各種の検討会を設け,今後の研究の課題や成果の活用等について検討を行ってきた。感情の科学的解明など,生徒指導にかかわる検討会も設置されている。
5号(2005年8月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について