教育キーワード集
前のページへ戻る
人間関係の形成
特別支援学校のこれまでの学習指導要領は,1健康の保持,2心理的な安定,3環境の把握,4身体の動き,5コミュニケーションの5区分で構成されていたが,今回の改訂(案)では,これに「人間関係の形成」が新たに加えられた。これは,自閉症などの発達障害のある児童生徒が多く在籍している現状から,これらの児童生徒への適切な対応を再構築し,自立活動を見直す必要があることが背景となっている。
「人間関係の形成」の内容は,(ア)他者とのかかわりの基礎に関すること,(イ)他者の意図や感情の理解に関すること,(ウ)自己の理解と行動の調整に関すること,(エ)集団への参加の基礎に関することの4つに分けて,それぞれ具体的な指導を進めることとしている。
26号(2009年3月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について