教育キーワード集
前のページへ戻る
道徳教科書
今回の学習指導要領改訂作業の進行中に,政府の「教育再生会議」では道徳を「徳育」として「新たな枠組み」に位置付け,国による検定教科書の使用を求める多数の意見が出され,大筋において了解されていた。改訂の結果としては現行の枠組みは変わらなかったが,現内閣の「教育再生懇談会」の審議においても同様の意見が提言されている。
もちろん世間一般では,新たに教科に位置付けることは「戦時中の修身に逆戻りだ」という認識が広まっており,また,教科とするならば,その評価をどうするかという課題もあって,このような方針に反対の声も多数見受けられる。文部科学省では,現在,「心のノート」を各小・中学校に作成・配布しており,その適切な活用を求めている。
24号(2008年11月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について