教育キーワード集
前のページへ戻る
到達目標
すべての児童生徒に基礎的・基本的な学力を保障するための,必要最小限の指導目標を「到達目標」という。
これまで各学校で児童生徒が必要とする学力を,どの程度達成したかをみる「到達度評価」の実践研究の中で使用され,定着した言葉である。
到達目標の基本的な要件としては,およそ@最低ここまでは必ずといった必須の指導目標であること,Aそれは学習指導要領に示された内容に即し,かつ児童生徒の発達段階を踏まえたものであること,B他の指導目標全体の中に体系的に位置付けられ,その到達度を見る時期や方法が明らかにされなければならないこと,などの要件を満たさなければならないとされる。
今回の新教育課程改訂作業の論議の中で,確かな学力の定着の方法として,各教材に即した到達目標を示す必要があることが盛んに主張されてきた。
21号(2008年5月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について