トップページ > 教育キーワード集 > た行 > 大学入試の工夫・改善

東京教育研究所の概要

所長からのご挨拶

研究報告書:小学校・中学校ごとに、各教科等の研究報告書を紹介しています。 研究報告書:小学校 研究報告書:中学校

Edu News 教育キーワード一覧

大学入試の工夫・改善

だいがくにゅうしのくふうかいぜん

 かつての「受験地獄」といわれた時代からみると,近年の大学入試にはかなりの工夫・改善がみられるようになった。評価尺度を多元化・複線化し,受験生の能力・適性を多面的に判定する方向で改善が進められている。具体的には,学力検査だけでなく,面接,小論文,実技検査,推薦入学などの選抜方法が採用されるようになってきている。また,高等学校での活動を評価した書類や本人が書いた志望理由書,その他丁寧な面接等を組み合わせて受験生の能力・適性や学習意欲,目的意識等を総合的に判定するアドミッション・オフィス入試を導入する大学も増えつつある。さらに,平成2年度から大学入試センター試験と各大学の独自の方法を適切に組み合わせて実施する大学も増えてきている。

  1. ア行
  2. カ行
  3. サ行
  4. タ行
  5. ナ行
  6. ハ行
  7. マ行
  8. ヤ行
  9. ラ行
  10. ワ行