トップページ > 教育キーワード集 > た行 > 体力・運動能力調査-2

東京教育研究所の概要

所長からのご挨拶

研究報告書:小学校・中学校ごとに、各教科等の研究報告書を紹介しています。 研究報告書:小学校 研究報告書:中学校

Edu News 教育キーワード一覧

体力・運動能力調査-2

たいりょくうんどうのうりょくちょうさ-2

 文部科学省が毎年行う「体力・運動能力調査」は,国民の体力・運動能力の現状を明らかにするとともに,体育・スポーツの指導と行政上の基礎資料を得ることを目的として実施される。一般には小・中・高校の学校段階別の調査結果について話題となるが,もともと大学生や成年(20 ~ 64 歳)や高齢者(65 ~ 79 歳)も含めて広く国民全体の体力の経年変化を把握するためのサンプル調査である。
 小学生の調査項目は,①握力,②上体起こし,③長座体前屈,④反復横跳び,⑤ 20メートルシャトルラン(往復持久走),⑥ 50メートル走,⑦立ち幅跳び,⑧ソフトボール投げ(中学生はハンドボール)の8 種目で行われ,中学生ではこれに持久走が加わるが,これは20メートルシャトルラン(往復持久走)との選択実施となっている。
この結果は,毎年10月頃に文部科学省から調査報告書をもって公表される。

  1. ア行
  2. カ行
  3. サ行
  4. タ行
  5. ナ行
  6. ハ行
  7. マ行
  8. ヤ行
  9. ラ行
  10. ワ行