トップページ > 教育キーワード集 > か行 > 教職員定数改善計画

東京教育研究所の概要

所長からのご挨拶

研究報告書:小学校・中学校ごとに、各教科等の研究報告書を紹介しています。 研究報告書:小学校 研究報告書:中学校

Edu News 教育キーワード一覧

教職員定数改善計画

きょうしょくいんていすうかいぜんけいかく

 日本の小・中学校の1学級の児童・生徒数は40人を規準として編制されている。したがって1学年が41人の場合は,21人と20人の2学級として編制されることになるが,そのような理想的な人数で固定する場合はむしろ稀であろう。
 そこで,文部科学省では現在,第7次公立義務教育諸学校教職員定数改善計画を実施しているところであり,その最終年度にあたる平成17年度には合計5380人の増員を図り,この計画を完成させることとしている。
 これらの教職員は,子どもたちの基礎学力の向上ときめ細やかな指導の充実を図る観点から,少人数指導,習熟度別指導,複数の教員による多面的な指導などに充てることとなっている。

  1. ア行
  2. カ行
  3. サ行
  4. タ行
  5. ナ行
  6. ハ行
  7. マ行
  8. ヤ行
  9. ラ行
  10. ワ行