トップページ > 教育キーワード集 > か行 > 課題解決型の授業

東京教育研究所の概要

所長からのご挨拶

研究報告書:小学校・中学校ごとに、各教科等の研究報告書を紹介しています。 研究報告書:小学校 研究報告書:中学校

Edu News 教育キーワード一覧

課題解決型の授業

かだいかいけつがたのじゅぎょう

 課題解決型学習(Problem Based Learning:PBL)は,学習者が自ら問題を見つけ出し,課題の解決に向けて行動することを重視する学習形態で,これを教師側から見れば「課題解決型の授業」となる。別に「問題解決型」ともいわれ,児童生徒が知識の暗記などで受動的にならないように,自ら問題を発見し解決する能力を養うことを目的とした指導法である。したがって,教師には児童生徒自身が学習に関心をもたせ,自発性や能動性を引き出すような指導の力量が問われることになる。
 つまり,学習者が興味を持ちやすいように教師が身近な題材を課題として提示したり,学習者が積極的に話し合ったりして問題解決に向かう過程が重要で,教師は学習者のサポーター役にとどまることがよいとされる。文科省が推奨する「主体的・対話的で深い学び」の方法の一つとして注目されている。

  1. ア行
  2. カ行
  3. サ行
  4. タ行
  5. ナ行
  6. ハ行
  7. マ行
  8. ヤ行
  9. ラ行
  10. ワ行