トップページ > 教育キーワード集 > か行 > 教育職員免許法

東京教育研究所の概要

所長からのご挨拶

研究報告書:小学校・中学校ごとに、各教科等の研究報告書を紹介しています。 研究報告書:小学校 研究報告書:中学校

Edu News 教育キーワード一覧

教育職員免許法

きょういくしょくいんめんきょほう

 この法律は,初等中等教育を行う学校の教育職員の免許状取得についての基準を定めた法律である。1949年に公布され,同年に施行された。また,学校教育法の第1条に定める「学校」の教育職員は,この教育職員免許法に定める免許状を有する者でなければならず,取得に必要な科目と単位数は,同法の施行規則に定められている。
 一般的な普通免許状はこれまで,1級免許状と2級免許状に区分されていたが,1989年の法改正により,専修免許状,一種免許状,二種免許状の3種に改められた。ただし,高等学校教諭の免許状は,一種免許状と大学院で履修する専修免許状の2種類のみとなっている。
 その後,1997年には議員立法により,新規に小学校及び中学校の教諭の普通免許状を取得しようとする者には,福祉施設等での「介護等の体験」の単位が必須となった。

  1. ア行
  2. カ行
  3. サ行
  4. タ行
  5. ナ行
  6. ハ行
  7. マ行
  8. ヤ行
  9. ラ行
  10. ワ行