トップページ > 教育キーワード集 > か行 > ゲーム依存症

東京教育研究所の概要

所長からのご挨拶

研究報告書:小学校・中学校ごとに、各教科等の研究報告書を紹介しています。 研究報告書:小学校 研究報告書:中学校

Edu News 教育キーワード一覧

ゲーム依存症

げーむいぞんしょう

 ゲーム依存症は,テレビゲームが広がり始めた当初から,深刻な問題として指摘されてきた。以来,心理学的見地から,また脳科学的な見地から多数の学術研究結果が報告されている。
 一般に「ゲーム依存症」とは,「ゲームのことをいつも考えてしまう」,「決められた時間にゲームをやめられない」,「ゲ ームができないとイライラして落ち着かない」――これらの状態が同時に当てはまる症状のこととされる。また,この依存性が高まると,自分の意思がコントロールできず,イライラ感を抑えるためにさらにゲームに没頭するという悪循環に陥ってしまうことになる。子供たちのパソコンやスマホでのゲームの使用と,発達途上にある彼らの社会性,攻撃性,人間関係の閉鎖性,視力や体力の低下などの問題との関連がしばしば取り上げられて議論の対象となっている。

  1. ア行
  2. カ行
  3. サ行
  4. タ行
  5. ナ行
  6. ハ行
  7. マ行
  8. ヤ行
  9. ラ行
  10. ワ行