トップページ > 教育キーワード集 > さ行 > 性同一性障害

東京教育研究所の概要

所長からのご挨拶

研究報告書:小学校・中学校ごとに、各教科等の研究報告書を紹介しています。 研究報告書:小学校 研究報告書:中学校

Edu News 教育キーワード一覧

性同一性障害

せいどういつせいしょうがい

 「性同一性障害」は医学的な疾患の名称で,英語ではGender Identity Disorder(GID)と統一されている。「生物学的には完全に正常であり,しかも自分の肉体がどちらの性に所属しているかをはっきり認知していながら,その反面で,人格的には自分が別の性に属していると確信している状態」と定義されている。つまり,体の性と心の性が一致していないという疾患がある状態を指す。(参考:日本大百科全書)
 具体的な症状の傾向としては,(1)自らの性別を嫌悪し忌避する。(2)自分の性器が間違っていると強く感じ,反対の性になりたいと望み,反対の服装や遊びなどを好む。(3)反対の性の役割をとることを求め,日常の社会的な人間関係の中で,身のこなしや言葉遣いが反転することが多い…などの特徴がある。学校の対応は一般的に低調で,学校間や教師間による温度差が大きいと指摘されている。

  1. ア行
  2. カ行
  3. サ行
  4. タ行
  5. ナ行
  6. ハ行
  7. マ行
  8. ヤ行
  9. ラ行
  10. ワ行