トップページ > 教育キーワード集 > た行 > デジタル読解力

東京教育研究所の概要

所長からのご挨拶

研究報告書:小学校・中学校ごとに、各教科等の研究報告書を紹介しています。 研究報告書:小学校 研究報告書:中学校

Edu News 教育キーワード一覧

デジタル読解力

でじたるどっかいりょく

 「デジタル読解力」とは,経済協力開発機構(OECD)が設定している国際的な学習到達度調査(PISA)の中の学力のひとつである。たとえば,問題を解くためのホームページへのアクセス,eメールの送受信など,いわゆるICTリテラシーのことである。この調査は2012年に31の国・地域に住む15歳生徒のコンピュータの利用状況と学習との関連についても出題された。
 その結果,日本は545点でOECD平均の497点を上回り,シンガポール,韓国,香港に次いで4番目だった。一方で「学校でネットを使う」「グループ活動でコンピュータを使う」など,学校での情報機器の利用頻度を尋ねる質問で,日本は平均を大きく下回った。平日のネット利用時間は1日80分余りで,平均の約130分より少なかった。それでも4位という結果は,解釈の分かれるところである。

  1. ア行
  2. カ行
  3. サ行
  4. タ行
  5. ナ行
  6. ハ行
  7. マ行
  8. ヤ行
  9. ラ行
  10. ワ行