トップページ > 教育キーワード集 > た行 > 地域限定保育士

東京教育研究所の概要

所長からのご挨拶

研究報告書:小学校・中学校ごとに、各教科等の研究報告書を紹介しています。 研究報告書:小学校 研究報告書:中学校

Edu News 教育キーワード一覧

地域限定保育士

ちいきげんていほいくし

 「地域限定保育士」は,保育を担う人材不足に対応する目的で,国家戦略特区に創設される資格である。通常では保育士試験は毎年8月に1回のみ実施されるが,保育士不足問題を緩和するために,国家戦略特区では,その後2回目の試験が行われる。厚生労働省は,このように優先的に国家戦略特区で働くことのできる「地域限定保育士」の試験を,4府県で2015年度から始めることを公表している。
 試験が実施されるのは,大阪府,神奈川県,千葉県(成田市),沖縄県の4府県。また,特区内で3年ほど保育士業務に従事すれば,その後は特区以外でも働くことが可能となっている。
 当初は,待機児童数や保育士試験の受験生が最も多い東京都の対応が注目されたが,「地域限定保育士」の導入は未確定である。今後の課題としては,賃金の増額や保育の質の確保だとされている。

  1. ア行
  2. カ行
  3. サ行
  4. タ行
  5. ナ行
  6. ハ行
  7. マ行
  8. ヤ行
  9. ラ行
  10. ワ行