トップページ > 教育キーワード集 > な行 > 21世紀型能力

東京教育研究所の概要

所長からのご挨拶

研究報告書:小学校・中学校ごとに、各教科等の研究報告書を紹介しています。 研究報告書:小学校 研究報告書:中学校

Edu News 教育キーワード一覧

21世紀型能力

にじゅういっせいきがたのうりょく

 「21世紀型能力」の検討は,国研のプロジェクトとして2009年度から5か年計画で始まった。国内外の学力調査結果だけでなく,これからの社会の変化に着目して,次期の教育課程の在り方に関して基礎的な資料を提供するという目的をもってスタートした。今回の報告書によると,「21世紀型能力」は同心円の3層構造でまとめられている。すなわち,①基礎力=言語スキル,数量スキル,情報スキル。これらを道具として目的に応じて使いこなす力,②思考力=一人ひとりが自ら学び,判断し,自分の考えを持って他者と話し合い,考えを比較吟味して統合し,よりよい解や新しい知識を創り出し,さらに次の問いを見つける力,③実践力=日常生活や社会,環境の中に問題を見つけ出し,自分の知識を総動員して自分やコミュニティー,社会にとって価値のある解を導くことができる力,その解を社会に発信し,協調的に吟味することを通して,他者や社会の重要性を感得できる力,…の3つである。

  1. ア行
  2. カ行
  3. サ行
  4. タ行
  5. ナ行
  6. ハ行
  7. マ行
  8. ヤ行
  9. ラ行
  10. ワ行