教育キーワード集
前のページへ戻る
若者自立・挑戦プラン
近年・フリーターに加え,働かず,教育も訓練も受けていないニートと呼ばれる若者たちが増加していることは,すでに本欄でも取りあげた。こうした問題の解決に向けて,政府が関係する4省の大臣の協力の下に立ち上げられた事業が「若者自立・挑戦プラン」である。
この中で,特に文部科学省の事業は,適切な勤労観や職業観を身に付け,明確な目標意識を持って職に就き,仕事を通じて社会に貢献する若者の育成を目指した教育の推進に重点を置いている。
平成17年度の事業では,職場体験を含むキャリア教育の強化(中学校),先端技術や伝統技能などの習得(高校等),eラーニングの活用によるビジネス・スキルの習得などがある。
6号(2005年11月)掲載
前のページへ戻る
50音順で調べる
   

このサイトの使い方
東京教育研究所について